13代シラ – 送られた者、若枝、拡張

2017.12.07 12:46

閲覧数:165

6984dd558bbe00737a92b23d81fadfef.jpg

シラの語源はヘブル語「シャラッハ」から由来し、「(遠く外へ)投げる、送る、のばす」という意味です。 アルパクサデが子を生んでその名を「シラ」と名づけたのは、敬虔な子孫たちが全世界へ神から送られ、散って信仰の勢力が拡張されるように願っていたからです。これはシラ時代に至ってセム部族がもろもろの地域に広がったことを示しています。

 シラの父アルパクサデの時代が、神が働くための1つの領域、すなわち中心拠点として設けられた段階であるとするなら、シラの時代は神の国と福音の領域がますます遠く、全地にいっぱい拡張される段階であると言えます。それは洪水の直後、ノアと彼の子たちに生めよ、ふえよ、地に群がり、地の上にふえよ(創9:7)と言われた神の命令と祝福の成就です。まさに、カルデヤのウルからアブラハム1人を選んで始めた選民イスラエルがエジプトを出る時に「イスラエルの子孫は多くの子を生み、ますますふえ、はなはだ強くなって、国に満ちるようになった」(出1:7)と言われた御言葉のとおりです。

XE Login