最長寿者メトセラ

2016.06.03 11:27

閲覧数:139

0259d191b1bcb5bbcd35555174aa43a7.jpgメトセラは人類の歴史上、最も長寿を全うした人物です。
 創世記5章に表れたアダムの子孫の寿命は、天に上げられたエノクを除くと、777歳から969歳(平均寿命910歳)でした。現代には、想像も出来ない長い寿命です。これらのおおよそ1000年近い寿命は、本来永遠に生きる存在として創造された人間を見せてくれるものです。これは私たちが将来、霊の体に変えられて、永遠に生きるという希望をもたらせてくれます(Ⅰヨハネ2:25,黙22:5)。それと同時に、人類に対する神の慈しみを見せてくれます。神は罪が様々なかたちで、ありとあらゆる所にはびこっている地を見て裁きを御計画されました。
 しかしながら神はメトセラが生きる969年の間、裁きを延ばしておられたのです。ノアが箱舟を造り終えて後、洪水による裁きの7日前に最後の通告を発することによって、神は最後まで悔い改める機会をお与えになりました。ですからメトセラの長寿は、神の長い忍耐を表すものであり、この事を通して私たちは人類に向けられた神の慈しみとあわれみがいかに大きく、尊いものであるかを悟ることが出来ます(Ⅰテモテ2:4,Ⅱペテロ3:9)。

XE Login